会議のあと

懸賞 2013年 07月 11日 懸賞










会議は センターの先生と担任の先生と生活指導の先生と
4人で話す

今も現状と
二学期にむけての目標



中学での会議のあと

みーちゃんに 説明をした


学校の先生
以前より増して 理解してくださったように 思うとはなすと

表情がわーーっと 明るくなった


心の傷は 見えなくて
時に大げさに見えたり
甘えに見えたり
言い訳に聞こえたり


理解がないと
全く違う方向に進んでしまう

それを 一番本人心配してるのだろう



秒単位に変わる心と体

いま日単位に回復していても


それでも 
決めた時と 行動をうつす日の
気持ちが違って苦しんだり
いけないと分かっていても
約束が守れなかったり



専門の先生の言葉で
それを上手に伝えてもらえる


もう7年のお付き合い

出会いにご理解にご協力に
感謝しています

========

夕方

国語のテストの最後の先生を色で例える問題

時間がなくできなかった


ぶわーーーーーっと 埋める


そうか^^


書くということは
近づきたいんだな
仲良しになりたいんだな


自分から歩み寄る

これもまた チャレンジの一つだな
[PR]

by MINT-HOUSE | 2013-07-11 08:13

<< 家で 懸賞 いそがしい一日のはじまり >>