虹~♪

懸賞 2011年 07月 12日 懸賞

e0168341_205937.jpg











e0168341_20202799.jpg


夕がた、いつものようにベランダから雲を眺めようと・・

うわっ と叫ぶ

一人で見るのももったいない

あわててマンションの友達たちにメールした


消えるまでぼーっと 座ってみてた

ママ・・・哀愁漂ってる・・・・

そ?そう?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日は 学校チャレンジの日だった

放課後ちらっと顔を出す程度に。

昨日の晩までは うんうん 行って見ると話していたが

大阪一日曇り空

直前にざーーーっと雨

天候にまけ、断念。


学校に行くと、ちょっと と いってるのに
ずるずると長居してしまうのが嫌なんだ。


でも私が出る前に

「先生によろしく」と一言。


黒と白との間

グレーゾーンの確保に毎日頑張ってるけれど

心を大切にする娘、
義務がなかなか出来ない


何のために?どうして? そんなことが先行する。


先生と3人で久しぶりに現状報告。


いろんな話をした


4年でもらったクラスメイトの将来の夢帳は

娘にとってとても刺激になったという話し


みんな自分よりとても子供らしい

世間一般の精神年齢が どんなものかわからず

どんどん焦ってあげようとしていた自分にストップがかかった瞬間だった


あと、交換日記の話

包み隠さず娘のために全てを話す

先生の心が見える

家庭と学校のギャップ

必然的な事と義務との違い。

学校に行く意味

どうして同じ時間に同じ勉強を
やる気がない人もある人も同じ時間にしないといけないのか


娘の考えを話す。




そして私の不安


六年間いけなかった娘を
中学はどう受け入れるのか

そのために何か出来ることないだろうか 



その他もろもろ

よく話した・・・


ただただ先生にわかってもらいたくて。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2011-07-12 20:14 | 日記

<< 本音とたてまえ 懸賞 母という存在 >>