センターから帰って。

懸賞 2011年 01月 27日 懸賞

e0168341_1739186.jpg




私一人のセンターの日

先生と娘との日常を話すだけでいろいろ見えてくる。


自分の事も娘の事も


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人と比べる

友達はなんなくやっていることが自分はどうしても出来ない

それもそういうものが一つではない
たくさんたくさんあって
学校に登校すること、勉強、運動、そして大好きなバレエまで

前を走っている人の背中を必死で追いかけるけれど
がんばってもがくけれど 空回り・・・
どんどん背中が小さくなり
ついには
見えなくなりそう。

クラスメイトからも忘れられているのではないかと感じる

焦れば焦るほど

自分はだめな人間だと思ってくる。

自分が嫌いになってくる

生まれ変わりたくなってくる



でも 

今の娘はしっかりとたっている


なんで今たててるのかと
考えた


人としっかり比べれるにはわけがある
人のよさを素直に認めることができるわけ。

ひそかに自分にしかないものをちゃんと自分で認めることができて
今しっかりと持ってるから。

今まで四年間
失ってはまた取り戻し
また失いそんなことを繰り返しながら
ここまでしっかり固めてきたものがあるから。


バレエへの思い入れは
人一倍

大好きという気持ちは 負けない

今は自分が大好き。

自分を好きになること。それが一番大事なんだと。


この年で子供に教えられること
多い。

私もあほて゜もいい
あったかい心をもって
自分をもっと好きになって
前にすすみたい。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2011-01-27 17:22 | 日記

<< レッスンへ 懸賞 センター >>