ぬるま湯につかる

懸賞 2009年 11月 02日 懸賞

今まで娘から視線をそらすことも
意識をほかにやることもできなかった。
それに気付くとたちまち不安になる。
ため息をつき顔は青ざめ、しんどいと話した。

テレビから流れる刺激
本からの不安
夕暮れの寂しさ
体の不調につながり食欲や睡眠に影響した。


それから二年たって
今やっと私も少しの時間なら買い物にでれる
すきなはんこを彫っていても
隣で娘の時間がある。
テレビも二人で楽しめるし
たまになら外食にもいける。

そんなまったりな時間に
私いつまで甘えていたらいいのかな

このまま抜けられないで
ぐうたらな毎日
前のように意欲がわくようになるだろうか?

今は工夫して勉強を教えたり
工夫しながら娘のために何かを頑張る気持ちにどうしてもなれない
放任な私をゆるして。

またきっと。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-11-02 12:57 | 日記

<< 笑顔。 懸賞 ふしぎな生き物 >>