<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

自己表現

懸賞 2009年 05月 31日 懸賞


極端なほどの自己表現。

わがままの域に入るときもあり、腹立たしく思う。

でも今は、そんな時期に入ってきたのであって、

あたたかく見守る。

今まで私たちを心配してきた人たちの気持ちを考えると
その気持ちを踏みにじらないかと
横で見る私はひやひやものだが、
そのフォローは私の役目。
今は、何も心配せずに自己表現をしてほしい。
その後で、微調整したらいい。
子供の間に、できることいっぱいしとこう。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-31 22:13

バレエ復帰を思い出す。

懸賞 2009年 05月 30日 懸賞

今は長距離より短距離と話す。

気力がパッとあがったときに、するべきこと、したいこと、テストや図工をする。

長くは続かないから、その間にできる限りのことをする。

そして、また気力が下がり始めたら、そこから抜ける。


大好きなバレエもそれで復帰した。

今は、何の心配もなく普通に踊れる。

きっと普通に登校できる日が、きっとくる。




                                     
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-30 09:21

刺激の調整

懸賞 2009年 05月 29日 懸賞

今学校に、刺激をもとめに行くけれど、

刺激というところまでもう行かなくなってきた

家にかえるにしても、家には刺激なんてないこともしっている。

その狭間で、いる場所がない状態。

学校で、調節するしかないということだ。

イメージで終わらず、現実を体験することが大事。

現実を体験し、ギャップが生じる。

そのギャップに対する感情を大事にすること。

そのギャップによって気力が落ちたときは、無理をしない。

名前が書けなかったら私が書こう。

楽しそうな授業は受ける。つまらなかったら教室から出る。いやになったら帰る。

今はそれでいい。

なにはともあれ、自分の気持ちを出すことだけを考える。

そして、次第に、嫌いな授業でも、耐えれる精神がついてくる
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-29 15:54 | 日記

スピード修正

懸賞 2009年 05月 28日 懸賞

いつも頑張り過ぎないようにと、二人で話をしていても、
周りからの刺激、周りの状況を実際見てしまうと
私でさえ、知らない間に頑張ってしまう。
順調に行けば行くほど、加速してしまう。
あるとき、後ろを見たとき急にそのスピードに気がついて怖くなる。
今年初めて、その怖さをなんとなくだけど自分でも感じた。

調子が良くても、急に授業を受けなくても、保健室に行っても、学校に行けなくなっても、
レールに乗せられ加速して戸惑っても。
私のスピードは守らないといけないのだな。
離れすぎずいつでも飛び降りて帰ってこれるスピードを維持することの難しさは
実際一緒にいて経験しないとわからないと思う。

周りの人の目を気にせず、状況に振り回されず、冷静に見る力が欲しい。
凛としてたっていれる力が欲しい。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-28 15:11 | 日記

回復力

懸賞 2009年 05月 27日 懸賞

心の扉が開いているとき、

十分頑張っているから頑張りすぎないで…

第三者からの一言で、

頑張らないといけないというストレスから逃れ、

逃れたことで、頑張れる気力が沸く。


時々開く心の扉。

タイミングが命。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-27 14:40

存在

懸賞 2009年 05月 26日 懸賞


手をつなぐ日が多い日は、大いにはりきり、

一人で大丈夫で私を忘れるくらい

楽しく友達と遊んでいれる日は、存在を消す。

毎日、そんなことをしている。

それがいいのか悪いのかわからないけれど。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-26 23:56 | 日記

かさぶたが自然にはがれるまで

懸賞 2009年 05月 22日 懸賞

e0168341_17292460.jpg


「なおった~と思いたい、でも今かさぶたの時期」
と話す。
かゆくて、めくるとまた血がでたり
後が残る。そんな大事な時期なんだ。と。




台所壁掛け
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-22 22:30 | 日記

深夜勤

懸賞 2009年 05月 21日 懸賞


どうしんどいのか、何がそうさせているのか。
わかるまで続くこの地獄。
毎日毎日、そこから抜ける鍵を見つける自信がないときがあった。
薬や、これと決まったものもない。頼るものもなかった。
特にパパが深夜勤の時の二人の長い長い夜は、とてもいやだった。
不安だったし、私まで、マイナスに引き込まれる。
口数も少なく、何を話すにも考えながら話した。
楽しいことはなにもない。一人がいや。
毎日、明日も頑張る力がどうかありますようにと願って寝た。



ホームビデオの中の若い私たちが、
恥ずかしいぐらい娘をあやしている。
こんなにかわいがって…毎日毎日楽しく遊んだ。
いろんなところに行った。いろんな遊びをした。
そういえば、赤ちゃんの時もパパが深夜勤の時は、夜泣きをしては、手をやいたなぁ。
あの時も大変だった。

大丈夫。私たち、絶対に間違ってない。
e0168341_21524558.jpg

[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-21 21:36 | 日記

まったり時間

懸賞 2009年 05月 19日 懸賞

なんてゆっくりした時間が流れるんた゜ろう。

少しゆっくりしなさいと、誰かがくれた休日を楽しむ。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-19 18:15 | 日記

自分をだすこと

懸賞 2009年 05月 18日 懸賞

自分を出すこと。
わがままでも、きままでも、空気読めなくても…KYというらしい。
人に気兼ねせず、自分の気持ちをいっぱい表に出すこと。
それを今までずっと練習してきた。


周りの状況を見ては、変に感じて気を使いすぎる。
でも、気ままなときはとことんきまま。人がどう思おうと自分の気持ちを押し通したい。
コントロールができない、感情。

そんな二面性を持つ中、同級生のレベルの中に飛び込むには、
やはり無理がある。まだ精神レベルは、幼稚園生ぐらいかも…。
それでも、引きこもることなく、表に出れるのは、前に進めている証拠。
何も怖がらず、いっぱい感じよう。
そして、次のレベルで人の気持ち、人の痛みを考えれるようになったらいい。
一つ一つゆっくり成長しよう。
[PR]

by MINT-HOUSE | 2009-05-18 19:22 | 日記

懸賞