マグリット展

懸賞 2015年 09月 02日 懸賞

『マグリット展』

一人の人の展示会って
やっぱりいい。

14歳で母が自殺したこともあるのか

はじめの絵はすごく不安定さが、でてる

年頃になって少し安定してきて
鮮やかな色が入る

重大な出会いとかがあったみたい

マグリットの描く
女の人の裸体はとっても綺麗。

戦争の恐怖と命の惜しさを「生命線」という作品に
女の人と銃の対比で表してあった

晩年は命の期限を
感じたのか一年のうちに何枚も作品をかいてる

空、雲が多い

そして体がない

1967年最後の作品は
未完成のまま


人の人格は経験によって変化し
その人が作る物には
作風としてしっかりでるんだね

e0168341_19114464.jpg



かえりは4人で金閣寺へ

御札の入場券をもらった
<
e0168341_19155631.jpg
br>


<
e0168341_19150599.jpg
br>

[PR]

by MINT-HOUSE | 2015-09-02 19:08

<< 11月あたまから 懸賞 錠剤 >>